若い方の入れ歯のニーズ

こんにちは。

Weber dental labor 稲葉由里子です。

今回は、私のターニングポイントとなった症例をお伝えしたいと思います。

患者様は30代女性、平成22年にご相談にいらっしゃいました。

当時を振り返って、患者様は絶望的な気持ちだったとおっしゃいます。友達と旅行へ出かけるのも食事へ行くのも不安だと言われたのを思い出します。

これまで、入れ歯は年齢が高い方が多いと思っていましたが、もしかしたら若い方の需要は意外とあるのではないかと思い浮かんだのです。

当時製作したばかりの「稲葉歯科医院、入れ歯専門医院」に、若い方に向けてメッセージを書かせていただきました。

その事に気付かせてくださった、という意味で貴重な症例なのです。

上顎の残存歯は3本。レジリエンツテレスコープで治療をさせていただきました。

8年経過しましたが、その後歯を1本も失っていません。

3ヶ月に1度、欠かさずメンテナンスもいらしていただいておりましたが、いよいよ今度は下顎を治療する時が来ました。

リーゲルテレスコープという選択肢もありましたが、患者さまのご希望により取り外しが楽なものをとのことでコーヌスクローネを選択させていただきました。

担当してくれたのは、Weber dental labor 石川太一さん。

右下4番を抜かして、生活歯ということで、コーヌス角は6度。

石川さんが、この症例にかけた時間は150時間以上、もっとかもしれません。

全てのステップに石川さんが立ち会ってくれました。

私と石川さんとでダブルチェックを行うことで、起こりうるエラーを防ぐことができます。

これだけの本数を無調整でゼロフィッティングできるのは、やはりオクルーザルコアがあるからでしょう。

8年前製作したレジリエンツテレスコープとも調和し、素敵な口元になりました。

麻酔が少し効いているので、唇が左右対称になっていませんが、パーフエクトな出来栄えだと思います!

「これだけ想いを込めた症例、手放すのが寂しいね。」

と石川さんに伝えると、歯科衛生士の嶋田さんが、

「大丈夫です。これからは私がずっと見守っていきますから。」

と言ってくれて、なぜかホッとして心強く思いました。

本当にその通りですね!

 

もどる